ビジネスにおけるレンタルオフィス活用方法

レンタルオフィスの仕組みとは?

会社のオフィスといえば代表的なものとしては自らビルを保有したり、ビルの一室を賃貸で借りたりするのが一般的な形態ですが、近年新たに加わったのがレンタルオフィスです。文字面だけ見ると賃貸と何ら変わらないように思われますが、賃貸が長期間の利用を前提としているのに対し、レンタルオフィスは時間単位の短期利用を前提としている点が異なります。また、レンタルオフィスの物件は駅前のビルなどの利便性に優れた場所にある場合が多いため、賃貸で借りれば高額のコストがかかりますが、レンタルオフィスであれば利用時間分だけの対価を支払えばよいため大幅なコストダウンを見込むことが可能です。

レンタルオフィスの利用方法とは?

レンタルオフィスは長期間継続して利用することはあまり想定されていないため、基本的には短時間だけその場所で業務を行うのに適しています。そのため、有効な使い道としては、会社から離れた場所でビジネスパートナーと会議を行う場合や、社内の会議室だけでは手狭な場合に臨時で部屋を用意したい場合に利用するのがお勧めです。また、システム開発やコンサルティングなどの仕事でクライアントの近くに短期間だけオフィスを用意しておきたいといった場合にもレンタルオフィスを用いて拠点を確保することが可能です。それ以外にも、社内にも秘密のプロジェクトを進めなければならないときに、会社から離れて業務を行える場所としても使い勝手がよいでしょう。レンタルオフィスの特徴を活かして利用することによってビジネスをより円滑に進めることができるようになるはずです。

福岡の賃貸事務所では、立地面が特に重要な要素となり、駅からのアクセス性に優れた物件を選ぶことがポイントです。