メーカー製のパソコンを購入するのと自作した時の比較

自作パソコンを選んだ時のメリットとデメリット

パソコンを購入する時にメーカー製の既製品を購入せずに各パーツを購入してパソコンを自作した場合のメリットはいくつかあります。

まずメーカー製の既製品と比べて同じスペックを備えているパソコンを作ってもコストが安く済みやすいです。既製品の中から選ぶのとは違って自分の希望通りのパソコンを作れるのも大きなメリットです。自作をする事で仕組みは理解できるので、故障時に修理に出さなくても自ら交換する必要のあるパーツを購入して直す事ができます。

デメリットとしてはメーカー製の既製品のように保証がついていない事とパーツを選んで購入して組み立てる手間がかかる事です。組み立てる作業をする中で間違ってパーツを破損した場合は買い直しになって既製品を購入する以上のコストになるリスクもあります。

メーカー製の既製品を購入するメリットとデメリット

メーカー製の既製品のパソコンを購入するメリットは購入してそのまま使用できるので、自作パソコンのように組み立てやパーツ選びの手間がない事です。メーカー製のパソコンの場合は自作パソコンと違って購入してから一定期間は無料保証がつくので、早期の故障があっても修理コストが一切かかりません。自作パソコンの場合は組み立てる作業中にパーツを破損してしまうリスクがありますが、作業に関しては自己責任なのでパーツの買い直しが必要になる事もあります。既製品を購入した時は作業中のミスで買い直しが発生するリスクがない事もメリットです。

デメリットは自作パソコンよりも基本的にコストがかかる事と既製品として販売されている中から選ぶので、全てが希望通りのパソコンが見つかるとは限りません。

プリント基板とは、電子機器に使用される部品の一つです。回路を作成する際に、配線・固定するための部品となります。プリント基板設計は、コンピュータで専用ソフトを使って行われる専門性の高い作業です。