仕事はお金ではない・・・成長するための仕事!

仕事は生活のためだけじゃない!

仕事は生活をするためにしている人がほとんどですが、仕事を通して様々なことを学ぶことが出来ます。仕事をすることによってお金を稼ぎ、生活をすることは当たり前ですが、新入社員はまだまだ子供と同じです。仕事では色々な人と出会い、色々な人とコミュニケーションを取ることによってコミュニケーション力を身に付けることが可能です。社会人としてのマナーや常識を先輩達から学ぶことによって成長します。

仕事を通して成長しても自覚ができない・・・

仕事をする上で人間として成長しても自分自身では成長していることを実感することは、ほぼ不可能に近いでしょう。しかし、周りにいる同僚や上司は必ず成長しているかを見ています。成長したことを回りや上司に認められたら出世することができます。つまり、出世すると言うことは人間として仕事を通して成長した証になります。仕事を通して成長することによって新しい新入社員が入社してきた場合には指導をすることができる立場になります。

他人を指導することによって成長することができます

出世するといつかは、指導をする立場になるでしょう。しかし、新入社員を指導する立場になると忙しくなりますが、自分自身が更に成長するチャンスにも繋がります。他人を指導することによって自分自身の行動や仕事の内容を見直すことができるために、指導する立場になっても成長は止まることはないでしょう。指導する立場になると自ら本来の仕事をする機会が少なくなりますが、自分が指導した新入社員が成長することを身近で見ることによって喜びを感じることでしょう。

流れ図などを使い、複数の人間が関わる業務のやり取りを図式化したものです。ワークフローで業務手続きを電子化し、負担軽減とスピードアップを目指します。