社内SNSとは何か?上手に活用しよう社内SNS

社内SNSとは何だろう

社内SNSとは、簡単に言うと社内でのネットワークを使用したコミュニケーションツールのことです。社内の社員同士のコミュニケーションを活発にさせるために使用されます。使い方は一般的なソーシャルネットワークサービスと同じです。

社内SNSの活用方法

社内SNSの活用方法としては、部門の違う人同士が気持ちを通じあわせ、交流をする使用方法がメインです。例えば、工場の生産ラインの人と、営業の人などがコミュニケーションを行います。生産ラインの人が、現場で困っている時に文章で伝えるのは大変なことですが、社内SNSであれば、写真に簡単なメッセージを添えるだけで、気持ちを伝えやすくなります。また、多くの人と情報を共有しやすいのもメリットです。

内定者のフォローに使われることも

最近は、入社試験に合格した内定者の入社辞退を防ぐ一つの手段として、社内SNSの活用が行われることも多くなりました。企業が、たくさんのお金をかけて採用した内定者の辞退が多発する時期に併せて、SNSを通じてイベントや懇親会の開催を紹介し、その参加状況などを確認する使用方法です。なお、SNSの特性を生かして、内定者の入社意欲を確認したり、辞退者の傾向をつかむことにも活用され始めています。

社内SNSは広がり始めている

最近は、個人的にソーシャルネットワークをしている人が多いため、SNSというシステムを利用し慣れているため、社内SNSが気軽に利用できる特性を生かして、導入する企業が増え始めています。現在は48%の企業が利用を開始しているというデータもあります。

社内SNSとは、社員同士のコミュニケーションツールで、個人向けSNSの機能を企業向けに使いやすくしたSNSの事です。メールと違い一方的ではなくチャットの機能も備わっています。