eラーニングを取り入れよう!社員研修におけるメリットは?

規模が大きくても全員に同じ教育が可能

企業規模が大きかったり、多数の支店や店舗があったりすると全社員や新入社員を集めて同じ研修を行うのは困難になりがちです。eラーニングは全てオンラインで完結する研修方法の一つであり、どれだけ企業規模が大きかったとしても全員に同一の教育を行うことができます。インターネットへのアクセス環境があれば良いだけなので、国外にいる人に対しても研修を行うことが可能です。テレワークを導入したようなケースでも自宅勤務や外勤専門の人に同じ教育研修を行えるでしょう。定められたタイミングで同時に受講させることもできますが、期日を設けて個々の社員が自分なりに時間を見つけて実施するようなシステムにすることもできます。個人で簡単に取り組めす仕組みになっているのもまたeラーニングのメリットでしょう。

効果測定が容易なメリット

eラーニングは効果測定を実施するのが基本なので、学習効果があったかどうかを確認できるのもメリットです。どうしても覚えさせなければならない規則などについての教育研修の手段としては優れていて、一定以上の点数を取らないと合格できないといった形を作ることができます。情報リテラシーや情報セキュリティー、特許や国際法などが関わるトレーニングをしたいというときに適している方法でしょう。eラーニングは内容を必ずしも変える必要はないため、定期的に実施して効果測定を行うことにより社員の成長の度合いを測ることもできます。社員の成長を見て評価に活用することもできるでしょう。

mg研修は経営の理論を楽しみながら学べるユニークな研修です。各々が社長になり、決算や経営戦略の立案等を行い経営者の立場を理解して短時間で、会社経営の概要を掴みビジネスにいかす事を目的として研修です。